給餌量"目安"と"適量"

投稿者 :KobayashiMay on

【給餌量目安について】
■フードの量はどの位?
ヤラーのフードの給餌量の目安は、フードパッケージの裏側に体重当たりどの位というおおよその数値が記載されています。
初めて与える際は、この数字からスタートしてみて下さい。

ただし、これはあくまでも「目安量」でしかありません。
"どの子も記載された量のフードを、毎日必ず残さずに食べなければいけない・・・・"
とは絶対に考えないようにして下さい。

"単なる目安量"にがんじがらめにされると、 それを食べさせられるわんちゃん・猫ちゃんは困ってしまいます。



「今日は2粒残したんですが、どうしたらいいですか?」
というお電話をいただいたこともあり、お答に困ってしまいました。

飼い主さんだって食欲のある日と全然食べたくない日がありますよね。
その日の気分や体調だけでなく、遺伝的体質や運動量・生活環境など、さまざまな要素が絡み合って それぞれの子の「適量」が決まってきます。

飼い主さんの膝の上でじっとしているのが好きな子もいれば、外で思い切り走り回りたい子もいます。
柔らかい肉質の子も筋肉質の子もいます。
それが全く同じ量の食事を必要とするかというと、そうではありません。
生き物ですから必ず個体差があります。

「ウチの子にどの位の量を食べさせたらいいですか?」というご質問ほど お答が難しいものはありません。

何故かといえば、ウチの子の適量は、実は飼い主さんが一番分かる、いや飼い主さんでなければ分からないことだからです。



まずは給餌量目安から始めて、ウチの子の適量を見つけてあげて下さい。
ウエストがなくなるほどお肉が付いてしまったら、太りすぎですし、あばら骨がギスギスしていたら痩せすぎですね。
毎日のスキンシップとして体に触っていれば、体型チェック(体重ではありません)は難しいことではありません。

筋肉質の子ほど、体型の割に体重があります。
体重が何キロというだけでなく、体型をチェックしてあげる方がより健康的だと思います。

まずは目安量からスタートして、その子に合った適量を探ってあげて下さい。





この投稿をシェアする



← 投稿順