涙やけの原因は、犬種でも体質でもなく、食べ物かもしれません

投稿者 :小林美咲 on

涙やけとは、目を覆っている涙液の循環がうまくいかずに目の外に溢れ出てしまい、涙液と反応して被毛が変色したりその部分が皮膚炎を起こしたりしてしまうもので、流涙症と呼ばれます。

特にプードル、ポメラニアン、マルチーズ、シーズーなどの毛色の白いワンちゃんは溢れた涙液中の物質と被毛が反応して変色してしまいます。

この涙やけ、「犬種」や「体質」のせいだと諦めていませんか...?

 

涙やけについて語る前に、まず涙の働きと、涙が作られ排出されていく過程をお伝えしておこうと思います。

涙には、目を潤して外部からの刺激を和らげる、目から異物を追い出し感染を防ぐ、血管の分布していない角膜へ酸素や栄養を送る、などの大切な働きがあります。涙腺という涙の工場から水様の涙が分泌され、瞬きによって目の表面に均一に広がり、余分なものは涙点から涙小管、鼻涙管を通って鼻へと抜けていきます。(私たちは泣くと鼻水が出ますよね、涙が正常に排出されている証拠です。)またマイボーム腺から油状の涙が、結膜の杯細胞から粘液状の涙が分泌され、それぞれ水様涙の外側と内側で涙の蒸発を防いだり涙の膜を角膜に留めたりする働きをしています。この「涙」が作られたり、排出されたりするのがうまくいかないと、涙やけになります。

犬の涙やけの原因

原因1:涙液が過剰に作られる

継続的に目に何らかの刺激がある場合、異物を押し流そうとして涙がたくさん作られます。
例:結膜炎、角膜炎、睫毛異常、眼瞼内反(瞼が内側に反って、毛や睫毛が眼球を直撃)、マイボーム腺炎など
マイボーム腺炎などマイボーム腺から油状の涙が正常に分泌されない状態になると涙が蒸発し易くなり、目が乾燥して刺激を受けやすくなり、涙の分泌量が増えることになります。

原因2:正常な排出ができない

涙点から鼻へと抜ける道が炎症を起こして狭窄したり閉塞が起こっている場合です。また、眼瞼(まぶた)の機能の低下によっても起こります。
例:涙点の閉塞、涙点の先天的欠損、眼輪筋の機能低下、涙嚢炎など
涙点から鼻へと続く道自体の問題意外にも、鼻炎や歯牙疾患による歯根の炎症からの波及(ウサギに多い)というように目に近い組織の病変が原因となる場合もあります。

※涙やけの原因はひとつではなく複合して起きている場合もあります。

 

この、涙やその排出の働きを邪魔する原因はなんでしょう?

動物病院で診察されたことのある方は、おそらく「犬種」や「体質」が原因だと聞かされたことが何度もあるのではないでしょうか。

しかし私たちは、今まで何百もの「フードを変えただけで治った!」というお声から、涙やけの原因の多くは「ドッグフード」(に含まれている、残留している、化学物質)にあるのではないかと考えています。

 

実際の体験談

動物病院で薬をもらったり、プレミアムドッグフードに替えてみたり、洗浄液を使ってみたり…なかなか良くならずに、諦めそうにもなったけど、ヤラーに替えて、こんなに良くなりました。 (画像をクリックすると実際の体験談をお読みいただけます)

動物病院で薬をもらったり、プレミアムドッグフードに替えてみたり、洗浄液を使ってみたり…なかなか良くならずに、諦めそうにもなったけど、ヤラーに替えて、こんなに良くなりました。

 


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →