ドライフードの与え方[1]〜お湯をかける目的を知る〜

投稿者 :KobayashiMay on

なぜお湯をかけるの?

なぜお湯をかけるの?

ドライフードは「カリカリ」と呼ばれるように、乾燥した固形物です。

このカリカリを、毎日カリカリのまま食べているわんちゃん・猫ちゃんがほとんどではないかと思います。
あなたの愛犬、愛猫はいかがですか?

 

ルシアンでは、このカリカリのドライフードには
是非お湯をかけて与えてくださるようお勧めしています。

 

では、なぜドライフードにお湯をかけるのでしょうか?

これには2つの目的があります。

 

①水分不足を補う

②胃捻転・腸捻転が起きる可能性を下げる

 

この二つの目的の「なぜ?」をこれから詳しくご説明したいと思います。

 

目的その1. 水分不足を防ぐ

 

水分含有量比較

食べ物の形状

含有水分量

 ドライフード→ 

8~10%

一般の食材→ 

60~70%

 

私達は、わざわざ水分を補給しようと思わなくても、毎日の食事から自然に水分を補給しています。

なぜかと言えば、上の表からもわかるように、私達が普段口にしている野菜やお肉などの一般の食材は、60~70%が水分だからです。
ご飯を食べることで食材が含む水分を無理なく摂取できるのです。

では、ドッグフードやキャットフードを主食にしている犬や猫たちはどうでしょう?

ドライフードの水分含有量は8~10%以下に抑えて作られます。
60~70%が水分の食材と比べると圧倒的に少ないですね。

お湯をかける目的を知る!


お水は常に飲めるように用意しています!


はい、確かにどちらのご家庭にも置き水がご用意されていると思います。
いつでも水が飲めるようにしておくことはとても大事です!

しかし、胃の中で胃液と混ざり合って消化される過程で、ドライフードは水分を含んで膨れてきます。
その時点で満腹感を感じてしまったわんちゃん・猫ちゃんは、改めて「水分補給のために水を飲もう!」と率先して行動を起こそうとはしません。

満腹になってしまったら、水分もご飯も口に入れたくないですよね。
毎日の食事のたびにこれが繰り返されていくとどうなるでしょう?

わんちゃん・猫ちゃんが水分不足に陥ることが予測できますね。

続きの記事はこちら↓

目的その2. 胃捻転・腸捻転が起きる可能性を下げる

 

✖️水分不足で起こるトラブル 
▶︎詳細はこちらの記事で

この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →